2012年12月5日

初めての一人暮らしをするにあたって、生活をする部屋を借りることになるのですが、まず最初にびっくりするのが入居するのに審査があるという事ではないでしょうか?

賃貸契約というのは、普段の買い物と違い、お金を支払ったらそれでOKというわけではありません。一定以上の間継続的に部屋を借りて、それに対して賃料を支払うという契約なので、途中で支払いが滞ってしまったら貸主が一方的に損になりますよね。

貸す側もお金を支払ってくれなければ商売になりませんので、部屋を貸すにあたってその人が適当であるのかを確かめる必要性があるのです。近年はそれらの手続きを簡略化する意味もあって、保証人を設定する必要をなくすために賃貸保証会社を利用するケースが増えてきました。

昔までは、賃貸契約をするときに保証人を付けるのが当たり前でしたが、時代の流れもあり万が一の事態に保証人がすべての責任を負うことが難しくなってきたのも理由の一つですね。

これまで、自分の事情で保証人が見つけられずに契約が出来なかった人でも、賃貸保証を利用すれば部屋を借りることが出来ます。最も賃貸保証に関しても一定の審査がありますので、それに落ちてしまうと入居することが出来ませんが、一定以上の収入と身元の保証が出来れば審査に通らないことはまずないと思います。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする